中学受験は塾がいいのか家庭教師がいいのか?時期はいつから?

スポンサーリンク

中学受験は非常に難易度が高く特殊な試験です。そのため、たとえ公立小学校での成績がトップクラスでも中学受験に特化した勉強をしていなければ、難関私立中学には合格することはまずありません。

塾

基本は中学受験専門の塾

中学受験をするなら、小学校4年生から中学受験専門塾に行くのが一般的です。生徒の学力にもよりますが、遅くても5年生の夏休みまでには塾に入らないと難関中学校への合格は難しくなります。ただこれは一般論であって、6年生の7月から塾に入り、進学校の共立女子中学に見事合格したという生徒さんもいます。

中学受験をするにあたって、塾がよい理由は、塾は中学受験に関するノウハウをたくさん持っているからです。中学受験では学力に加え、塾が持っているたくさんの情報も大事になってきます。

また、塾には同じく中学受験を目指す仲間がたくさんいるので、切磋琢磨してより勉強に励む傾向にあります。

家庭教師を併用する

中学受験専用の塾は内容が難しくて、ついていけない生徒もいます。そのため、苦手な教科については塾以外にも家庭教師をつけて補強するということもよくあります。

このときに依頼する家庭教師は中学受験専門の家庭教師を選ぶのがポイントです。料金はやや高くなりますが、中学受験を専門にしている家庭教師の効果は絶大です。

下記のようなことに悩んでいる場合は、早めに家庭教師を併用した方がよいと思います。

・塾の宿題が終わらない
・週例テスト対策に追われ、復習に時間を割くことが出来ない
・下位クラスで伸び悩んでいる
・小6に入って成績が落ちた。上位クラスを維持するのが大変

家庭教師を併用することで改善が見られ、塾の組分けテストでクラスアップしていくというケースもよくあります。家庭教師を併用する時期は早ければ早いほど効果的です。

中学受験にオススメの家庭教師

家庭教師を探す場合は知り合いなどから実績のある先生を紹介してもらうのが一番確実です。しかし、紹介してくれる知り合いがいないという場合も多いと思います。

そのような場合は、家庭教師紹介会社に依頼するのが一般的です。家庭教師を紹介してくれる会社はたくさんありますが、中学受験に対応しているところは非常に少ないので慎重に選ぶ必要があります。

私が知っているなかでのオススメは学研グループが運営している『プロ家庭教師のプレステージ』です。

プレステージには中学受験に対応しており「塾別の対策コース」があり、30年にわたる中学受験の実績・経験と選びぬかれた講師陣により、より上手く塾を活用できるような指導をしています。そのため、塾との併用には特におすすめです。

他にも「志望校別対策コース」や「入塾準備コース」など中学受験に特化したさまざまなコースがあります。

スポンサーリンク
プロフィール

★運営者プロフィール
大手進学塾などを経て、プロ家庭教師として教えています。現在はオンライン家庭教師の生徒(公立学校に通う中学生対象)のみ募集中です。家庭教師のご依頼はコチラ

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です