オンライン家庭教師の教え方を比較解説します!

私はプロ家庭教師として『オンライン(インターネット)家庭教師』をやっています。「オンラインでちゃんと教えられるの?」と不安に感じる方が多いですが、私の経験では、オンライン家庭教師と通常家庭教師での成績の差は全くありません。むしろオンライン家庭教師の生徒のほうが成績がよいくらいの結果ができます。

オンライン家庭教師はパソコン(またはタブレット)とインターネット環境があれば、全国いつでも・どこでも自宅にいながら受けられる家庭教師サービスです。海外や地方にお住いの方でも質の高い家庭教師の授業を受けることが可能です。また、交通費を払う必要がないので、通常の家庭教師よりも費用を抑えられるのもメリットです。

最近急速に増えてきたオンライン家庭教師ですが、教え方や使う機材は様々です。本記事では、オンライン家庭教師を選ぶ際のポイントをわかりやすく説明します。

インターネット家庭教師のメリット

  • 場所を選ばない
  • パソコン(またはタブレット)とインターネット環境さえあれば、世界中のどこにいても授業を受けられます。お盆やお正月に長期間帰省する際でも帰省先から授業をうけることができます。また、家の近くでよい家庭教師が見つからない場合などにもオンライン家庭教師はオススメです。

  • 時間を選ばない
  • 家に訪問して教える通常の家庭教師に比べるとオンライン家庭教師は授業時間に融通が効きます。夜の8時や9時からの授業をやってもらうこともできるので、部活などで帰宅が遅いお子さんにも好都合です。

  • 効率よい授業が受けられる
  • オンライン家庭教師では、宿題を事前に提出することで授業前に教師が宿題のチェックを終わらせます。宿題の答え合わせにかける時間がないので、授業時間を有効活用できます。宿題の答え合わせにかなりの時間がかかることもあるので、これは大きなメリットです。

    ※すべてのオンライン家庭教師サービスが宿題の事前確認をやってくれるわけではありません。詳しくは後述の「おすすめのオンライン家庭教師」を参考にしてください

  • 家庭教師が自宅に来ないので気楽
  • 家庭教師が自宅に来ることがないので、お茶をだしたり、身なりを整えたりする必要がないので気楽です。お子さんももリラックスした状態で授業を受けることができます。

インターネット家庭教師のデメリット

  • ネット環境により通信が途切れる可能性がある
  • オンライン家庭教師は「スカイプ」という無料通話ソフトや独自のオンラインシステムを使います。インターネット回線を使うため、回線速度が遅いと通話が途中で途切れたり、雑音が入ったりします。

    私はこれまで約10人の生徒のオンライン授業をしてきましたが、一人だけあまりにも雑音がひどくて授業が成り立たず、指導ができなかったケースがあります。必ず最初に体験授業を受けて、音質なども確認しておきましょう。

  • 他の生徒との競争心に欠ける
  • オンライン家庭教師に限った話ではなく、通常の家庭教師でも同じことが言えますが、1対1の授業のため塾のように他の生徒と切磋琢磨する機会がありません。そのため、他の生徒が頑張っているからもっと勉強しなくてはという競争心には欠けます。

オンライン家庭教師の料金

自宅を訪問する家庭教師に比べるとオンライン家庭教師は料金が安いと言われていますが、オンライン英会話のように格安というわけではありません。質の高い授業を受けようと思ったら、それなりの金額はするので、値段のみを重視して安いオンライン家庭教師を選ぶのはおすすめしません

例えば、個人でオンライン家庭教師をやっている私の場合、中学生の対面授業が1時間5,000円に対し、オンライン授業は1時間4,000円です。往復の移動にかかる時間がない分だけ、安くしていますが、それ以外の準備にかかる時間や授業内容は対面授業と同じです。それどころか、宿題を事前に確認したり、授業で使用するファイルを準備したりするので、オンラインのほうが準備に多くの時間がかかります。

上記のような理由より、真面目に準備や授業をしている家庭教師であれば、オンラインだからといって授業料を安くすることはできないはずです。なので、格安でやっているオンライン家庭教師は品質もそれなりと考えたほうがよいでしょう。

※オンラインの場合、家庭教師の交通費が不要なので、交通費分の負担は減ります。

オンライン家庭教師を探すと1時間1,500円など格安でやっているところもありますが、経験の浅い大学生などが教えているケースがほとんどです。経験の浅い大学生は対面授業でも1時間1,500円程度なので、オンラインだから安いというわけではありません。料金は家庭教師の質によるところが大きいということです。

結論としては、オンライン家庭教師の料金は通常の対面家庭教師とほぼ同じと考えてよいでしょう。料金目安としては、企業運営のオンライン家庭教師の場合、1時間2,500円~。有名大学生やプロ家庭教師になればオンライン家庭教師であっても1時間5,000円以上するのが一般的です(個人でやっている場合はもっと安いケースもあります)。

家庭教師料金の相場については、以下の記事をご覧ください。

>>家庭教師料金の相場は?

オンライン授業は対面授業以上に家庭教師の質に差がでやすいので、必ず体験授業を受けてから決定しましょう。

インターネット家庭教師 システムや指導方法の比較(3種類)

インターネット家庭教師といっても、教え方は様々です。私のように個人でやっている場合はスカイプという無料通話ソフトを利用しているケースがほとんどです。企業が運営している場合は、独自のシステムを利用していることが多いです。

インターネット家庭教師の授業スタイルは大きく3パターン分けられます。まずは、3つの授業スタイルの違いがわかるように、それぞれのYoutube動画をご紹介します。

1.授業風景を映しながら授業をする

学校や塾の授業スタイルをビデオ通話で話しながら行うといったもので、アナログ的な手法です。

家庭教師が黒板に書き込んでいる風景をビデオに映して授業を進めています。この方法は、遠隔で授業を受けられる以外のオンラインならではのメリットはありません。

2.画面を共有しながら授業をする

生徒と教師が同じ画面をみながら授業をすすめてくスタイルです。家庭教師が画面上に書いているのを生徒がリアルタイムで確認できます。私はこの方法でオンライン家庭教師をやっています。生徒にきくと、実際の授業よりもオンライン授業のほうが集中できるとのことです。

この動画は実際に私がオンラインで教えている様子です。

スカイプではお互いの顔を見ながらやることもできますが、個人的には顔は写さずに、ホワイトボートのみをみるほうが集中できると思っているので、あえてお互いの顔は写さないで授業をしています。

私のオンライン家庭教師をご希望の方はこちらをご覧ください
オンライン家庭教師の生徒募集【中学生対象】

3.独自のシステムを使って画面を共有する

企業が運営しているオンライン家庭教師の場合は、スカイプではない独自のシステムを使っている場合が多いです。企業が運営しているだけあって、個人より本格的です。

これは「Axisオンライン」というインターネット専門の家庭教師会社で、デジタルペンなどを使ったシステムでお互いの手元がみれるシステムになっています。このシステムは生徒の書いた文字なども確認できる仕組みです。

オンライン家庭教師選びのポイント

様々なスタイルのオンライン家庭教師がありますが、以下の3点を満たしていることがよいオンライン家庭教師の条件だと思います。

  • 画面を共有するスタイルの授業
  • 課題(宿題)を事前に添削して、授業時間を有効に使っている
  • 急用ができた場合に、授業の振り替えができる

「オンライン家庭教師が合うかどうか」「授業画面がきちんと見えて、先生の声がクリアに聞こえるかなど」は実際に授業を受けてみないとわからないので、まずは体験授業を受けて、お子さんが気に入るかどうかを確認することから始めるのがよいでしょう。

「オンライン家庭教師」などのケーワードで検索するとオンライン家庭教師がでてくるので、気に入ったところの体験授業を受けるのがよいでしょう。体験授業は無料で、機材が必要な場合は無料で貸し出してくれます。

オンライン家庭教師LINERは、教師が全員東大生・東大卒で、講師の質が高いのが特長です。独自システムを使い、テストが受験できたりして生徒同士で切磋琢磨できるしくみになっています。

>>オンライン家庭教師LINER

数年前まではオンライン家庭教師がこれほど普及するとは想像できませんでしたが、今後はオンライン家庭教師が当たり前の時代になっていくでしょう。

キャンペーン情報
複数の家庭教師センターを無料比較できる【かてきょnavi】では学習支援金2万円がプレゼントされるキャンペーン実施中!


 

プロフィール

★運営者プロフィール(プロ家庭教師)
大手進学塾などを経て、現在は主にオンライン家庭教師として教えています。家庭教師のご依頼はコチラ

コメント

  1. makoto より:

    NETTYは、ペンタブレットの貸し出しはしていませんとの事です。確認済みです。

    • katekyo より:

      makoto様、ネッティではペンタブレットの貸し出しはしていないとの情報を頂きましてありがとうございます。修正しました。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です