塾や家庭教師をつけただけでは簡単に成績は上がらない

2015年調査では、公立中学3年生の通塾率(家庭教師も含む)の全国平均は61.1%、首都圏では70%以上となっています。中学3年になると大半の生徒が塾か家庭教師を使っていることになります。

しかし、ただ単に塾に行ったり家庭教師をつければ成績があがるというものではありません。実際に塾や家庭教師をやっているのになかなかお子さんの成績があがらないと悩んでいるご両親も多いのではないかと思います。

塾に行っている、家庭教師をつけているというだけで結果が伴わないのでは意味がありません。ここでは、よい塾・家庭教師のポイントを説明します。

塾が遊び場になっていないか

首都圏では塾に通う生徒が多いので、塾に行っても学校の友達がたくさんいるということもよくあります。そうなると、塾も学校の延長線でみんなでたのしく過ごすいわゆる遊び場になっているというケースが多くあります。

お子さんが塾に行きたいと言いだす理由で多いのが、『友達が通っているから』というものです。勉強ができるようになりたくて塾に行くのならよいのですが、友達がみんな行っているから仲間外れになりたくというだけの動機だと遊び感覚になってしまいがちです。

友達の影響でも子供自ら塾に行きたいというのは決して悪いことではありません。ただその場合は、通おうとしている塾の評判を事前にチェックして、子供の遊び場になっていないかを見極めることが大事です。もし、放課後の遊び場やたまり場と化しているような塾であれば他の塾を探した方がよいでしょう。

子供のレベルに合わせた指導をしてくれるか

ある程度勉強ができるお子さんであれば、塾の授業についていけますが、学校の授業をあまり理解していないレベルのお子さんの場合は塾選びを慎重にする必要があります。1クラスに10人以上の生徒がいるいわゆる集団授業ではついていけない可能性が高いので、補習などのフォローをしてくれる塾か、少人数の個別指導塾・家庭教師がよいでしょう。

もしお子さんが現在塾に通っていて毎回平均点以下の点数しかとれないという場合は、塾でしっかりとフォローをしてもらうよう塾の先生に相談したほうがよいです。フォローをしてもらえないなら、家庭教師などに切り替えることをおすすめします。

自宅でも勉強しているか

塾や家庭教師の時間だけ勉強したのでは、勉強時間が足りません。よほど能力の高い生徒でなければ、自宅学習なしには成績はあがりません。よい塾や家庭教師は『宿題』を出すのが普通です。宿題をやらなければ結果を出すのも難しいので、自宅でお子さんが宿題をやっているかをチェックしてみてください。宿題の中身まで見る必要はありません。

もし宿題をやっていないようなら、自宅で宿題をやる習慣をつけることを徹底してください。きちんと宿題をやってきて頑張っている子でも、テストとなると失敗してしまうケースもあるので、普段から宿題をやらない生徒がテストでよい点数をとるのは非常に難しくなります。

自宅での学習は最重要項目です!

* * * * * *

テストの点数が伸びないからという理由で、すぐに塾を変えたり、家庭教師を変えたりするのを繰り返すのもよくありません。本当にダメだと思う塾、家庭教師ならすぐに変えるべきですが、生徒側のほうに問題がある(宿題をやらないなど)のなら、何回塾や家庭教師を変えても結果は同じです。

塾や家庭教師の良し悪しをみることに加えて、お子さんの自宅での学習習慣もチェックすることが大事です。

よく読まれている記事

今なら1か月無料!更にAmazonギフト券2,000円分プレゼント!
2017年7月31日(月)まで!
スタディサプリ(小・中・高・大学受験の5教科)
スポンサーリンク
プロフィール

★運営者プロフィール
大手学習塾・家庭教師センターなどを経て、現在はプロ家庭教師として教えています。家庭教師のご依頼はコチラ

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です