スタディサプリとトライイットの違い・比較

映像授業を受けられるサービスとして有名なのが「スタディサプリ」と「Try IT(トライイット)」。スタディサプリはリクルート社が運営、Try ITは家庭教師のトライが運営しています。どちらのサービスも非常に質がよいので、上手に利用すれば成績アップが見込めます。ここでは、プロ家庭教師である私が実際に両方のサービスを利用してみた感想を紹介します。

スタディサプリとトライイットの概要

どちらも授業動画がみれるサービスですが、Try IT(トライイット)は無料、スタディサプリは有料(月額980円)という点が大きな違いです。スタディサプリが有料といっても月にたったの980円なので、大して気にする金額ではありません。塾や予備校に行く費用を考えると比較にならないほど安いです。

スタディサプリだけで難関高校や難関大学に合格している実績が多数報告されているので、やる気のあるお子さんの場合は塾の代わりにスタディサプリという選択肢も十分ありです。

トライイットの紹介動画↓

スタディサプリ(勉強サプリ)の紹介動画↓

スタディサプリとトライイットについては、以下の記事も書いていますので参考にしてください。

>>スタディサプリ中学講座で定期テストの点数アップ

>>無料で映像授業が見放題のTry IT(トライイット)

スタディサプリとトライイットの比較

スタディサプリとトライイットの比較をざっと表にすると以下のようになります。

トライイット スタディサプリ
対象 中学生・高校生 小学生・中学生・高校生
日常の学習
定期試験対策
中学受験 ×
高校受験
大学受験
英検対策 ×
講師陣
レベル別 ×
質問 〇(1回500円) ×
料金 無料 月980円

スタディサプリは有料だけあって、サービス内容が充実しています。まず異なるのは講座数。例えば、スタディサプリ中学講座の場合、「基礎」・「応用」・「定期テスト対策」・「受験対策」の4つの講座からなります。基礎レベルの授業は900以上、応用レベルは250以上もあります。小学講座や高校講座も同じく多数の講座があります。

一方のトライイットはレベル別に分かれていないので、講座数はスタディサプリに比べると少ないです。少ないと言っても、教科書レべルの講座数は十分揃っているので、日常の学習や定期テスト対策としては十分使えます。

講師の質については、どちらも教え方の上手な先生でわかりやすいです。スタディサプリの講師陣は人気の予備校講師などが多いので、全体的な講師陣の質はスタディサプリのほうが上ですが、トライイットの講師陣の質も決して悪くはありません。

どっちがおすすめか?

教科書レベルの内容、定期試験対策をするのであれば、正直どちらでもそれほど変わりません。応用問題や受験対策や英検対策もやりたいという場合は、スタディサプリがおすすめです。スタディサプリは全国の高校入試の過去問やセンター入試の過去問などを無料でダウンロードすることができます。

また、スタディサプリは各レベルごとにテキストがあり、PDFでダウンロードして印刷することができます。トライイットも動画に対応したテキストがありますが、PDFにできないので印刷ができません。そのため、印刷して紙での学習もしたいという人はスタディサプリがよいでしょう。

動画授業は、基本的にどちらも質は標準以上でわかりやすいです。教え方については、人ぞれぞれ講師の好みがあるので、どちらがよいかはお子さんに判断してもらうのがよいでしょう。そのためにも両方を体験して比べることをおすすめします。スタディサプリは月額980円の有料ですが、2週間は完全無料でお試しができます。

>>スタディサプリ

>> Try IT公式サイト

スポンサーリンク

 

おすすめの家庭教師

学研の家庭教師(小・中・高校生/全国対象)
長年の経験と実績のある『学研式』指導で料金も相場並みです。私も以前教えていましたが、サポート体制もしっかりしています。

中学受験家庭教師ドクター(東京、神奈川、千葉、埼玉が対象)
元SAPIX/日能研/四谷大塚出身の中学受験専門のプロ講師がオーダーメイドカリキュラムできめ細かく指導することで有名!難関中学を目指すお子さんにおすすめ!

オンライン家庭教師のワオティーチャー(全国どこからも受講可)
オンライン指導なので先生を全国から選べます。中学受験~大学受験まで幅広く対応しています。近くによい家庭教師がいないという方におすすめです。

プロフィール

 

★運営者プロフィール
大手進学塾などを経て、プロ家庭教師として教えています。現在はオンライン家庭教師の生徒(中学生対象)を募集中です。家庭教師のご依頼はコチラ

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です