英語が苦手な生徒には音読が効果的!

スポンサーリンク

総合的な英語力を身につけるには「英語4技能(読む・書く・話す・聞く)」をバランスよく学習することが大事です。

文科省の英語教育改革事例の一つとして、音読が英語四技能向上に役立ったとするレポートもあります(参考)。

とくに英語が苦手な生徒ほど音読学習を重視すべきです。私はこれまでに英語が苦手な中学生をたくさん教えてきましたが、音読をきちんとやることで(もちろんそれだけではありませんが)、多くの生徒が英語の成績を短期間で上げてきました。

音読のやり方

字のごとく、音読とは『声に出して読むこと』です。大声を出す必要はありませんが、ある程度の大きさの声ではっきりと読みます。

教科書本文の音読がおすすめです。最初は意味がわからなくても、正しく単語を発音して、英文を読めるようになることが重要です。

スムーズに英文が読めるようになったら、次は意味を理解しながら読むようにします。

毎日少しずつでも続けていると、スラスラと読めるようになります。英語が苦手な生徒の場合は、音読をやる前はスラスラ読めた経験がないので、スラスラと読めることで自信がつき、英語をもっと勉強しようというモチベーションにつながります。

教材は教科書ガイドのCDを使うのがおすすめです。正しい発音を知るには、CDを何度もリピートして聞く必要があります。教科書ガイドのCDはアマゾンなどで誰でも購入できます。

例えば、ニューホライズンの1年生用はこちらです。

教科書ガイドCD ニューホライズン 1年 (<CD>)” style=”border: none;” /></a></div>
<div class=
あすとろ出版
売り上げランキング: 10,267

ひとりでできない場合

上記の方法で音読学習が子供ひとりでできれば言うことないのですが、そもそも英語が苦手がお子さんの場合は独学でやること自体がなかなかできません。

ひとりではできないお子さんには、ご両親が教えるか、家庭教師などの先生にみてもらう必要があります。塾でも音読をやっているところはありますが、みんなで一緒にやるので、英語が苦手な生徒だとついていけない可能性が高いです。

すでに家庭教師をつけているのに英語の成績がよくない場合には、家庭教師の先生に音読をきちんとやってもらうように依頼してみましょう。

中学生限定でオンライン家庭教師可能です

私はオンライン家庭教師もやっていますが、英語1教科のみでしたら、1~2名可能です。曜日や時間によっては、できない場合もありますが、興味のある方はご連絡ください。

私の授業は、音読だけではありませんが、音読重視しています。定期テストの点数は、3か月程度で平均して20点以上上がります。

詳細はこちら⇒家庭教師の生徒募集

スポンサーリンク
プロフィール

★運営者プロフィール
大手進学塾などを経て、プロ家庭教師として教えています。現在はオンライン家庭教師の生徒(公立学校に通う中学生対象)のみ募集中です。家庭教師のご依頼はコチラ

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です