塾の費用は月謝以外にも結構かかる!?

塾の費用が思った以上に高い!」という話をお子さんを塾に通わせている親御さんからよくききます。塾は毎月の月謝だけでなく、その他諸々の費用が想像以上にかかるのです。塾の費用を考える場合は月謝だけをみるのではなく、年間の総額でいくらかかるのかを確認することが重要です。

月謝以外にかかる塾の費用

塾によって諸経費は異なりますが、一般的には以下のような費用がかかります。

  • 入学金
  • 教材費(テキスト代)
  • 特別講習(春夏冬)
  • 塾の定期テスト代

入学金は1~3万円が相場です。教材費は、毎月5,000円程度が一般的です。毎月支払う塾と年間まとめて支払う塾があります。

春夏冬の特別講習は、各3万円位かかります。中学受験の小学生や中学3年生の夏期講習では10万円を超えることも珍しくありません。

このように月謝の他にもかなりの費用がかかることが多いので、入塾時には年間トータルでいくらかかるのかを確認することが大事です。

家庭教師は高くない!?

一般的に家庭教師は塾よりも高いイメージがありますが、家庭教師が一概に高いとは言えません(プロ家庭教師は高い)。上記のとおり、塾は月謝以外にも結構な出費がありますが、家庭教師は月謝以外にかかる費用はそこまで高くありません。

私の場合は、直接契約の家庭教師ですが、毎月の月謝と交通費以外の費用は一切かかりません。個人契約の家庭教師のほとんどが、テキスト代と月謝・交通費以外にはとらないと思います。テキスト代も塾のように毎月5,000円などということはなく、年間で5,000円もかからないでしょう。

家庭教師センター(仲介業者)を利用した家庭教師の場合は、センターによって異なるので、入会する前によく確認しておく必要がありますが、入会金(1~3万円)、月謝、交通費、年会費(3,000円程度)というのが一般的です。テキストは教科書や市販の問題集を使うことが多く、テキスト代はほとんどかかりません。

夏期や冬期の特別講習も通常はありません。休み期間中は、普段と同じスケジュールの生徒さんもいますし、回数を普段より増やす生徒さんもいます。回数や時間はご家庭の希望で臨機応変に対応できるので、無駄にたくさんの授業料を払う必要がありません。

以下はおすすめの家庭教師センターです。家庭教師を依頼しようかどうか迷っているという方は、問合せや体験レッスンを申し込んでみるとよいと思います。入会しなくてもしつこい勧誘はないのでご安心ください。

学研の家庭教師
私が知っている中で一番おすすめです。長年の経験と実績のある『学研式』指導なので、多くのノウハウがあります。一人ひとりに合わせて定期テスト対策をやってくれたり、生徒や保護者が抱える悩みを講師と教務部が一緒になって解決するなどサポート体制がしっかりしています。講師の変更は何度でも無料なので、効率よくお子さんに合った先生を探せます。

プロ家庭教師のプレステージ
同じく学研グループですが、厳選されたプロの教師陣が揃っています。上記の学研家庭教師よりは高くなりますが、効果は絶大です。中学受験や私立中学に通う生徒はプロ家庭教師がおすすめです。

よく読まれている記事

今なら1か月無料!更にAmazonギフト券2,000円分プレゼント!
2017年7月31日(月)まで!
スタディサプリ(小・中・高・大学受験の5教科)
スポンサーリンク
プロフィール

★運営者プロフィール
大手学習塾・家庭教師センターなどを経て、現在はプロ家庭教師として教えています。家庭教師のご依頼はコチラ

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です