不登校(小学生・中学生)におすすめの家庭教師

子供が不登校になってしまった場合の大きな心配として「学業の遅れ」があります。不登校だった生徒が学校に行く気になり学校に行きだしたとき、学校の授業についていけなくて結局また不登校になってしまうという悪循環に陥ります。このような悪循環にならないためにも、不登校の間にも学力を維持しておくが重要です。

不登校の小学生・中学生が学力を維持するのにおすすめなのが、不登校生徒のサポートをしてくれる家庭教師です。家庭教師というと、学校のテスト対策や受験対策のためにつけるイメージが強いですが、最近は不登校の生徒を専門に扱う家庭教師派遣会社もあります。

塾と家庭教師どっちがよいか?

学習塾

不登校になる原因はさまざまですが、不登校児の多くは人間関係がうまく築けなかったり、集団行動が苦手な傾向にあります。そのため、学業の遅れを取り戻そうと無理やり学習塾に入れても逆効果です。学習塾は学校の延長ような雰囲気なので集団行動が苦手なお子さんの場合、疲れるだけで馴染めずに通わなくなってしまうことになります。

個別指導塾であれば、他の生徒とかかわらなくてよいので大丈夫のように思いますがこれもNGです。通常の個別指導塾は不登校生徒の扱いに慣れていないため、十分なケアができないためです。もし塾を選ぶ場合には、不登校やひきこもりの生徒を専門に扱っている塾を選ぶのがよいでしょう。

家庭教師

不登校の子供は通常家に引きこもっていることが多いので、塾に無理やり行かせるよりは家庭教師を雇ったほうが子供への精神的負担が少なくなります。

不登校の子供は家族以外の人とほとんど話す機会がないため、家庭教師との良好な人間関係を築くことで精神的にもプラスに働きます。そのため、家庭教師を選ぶ際は不登校児の対応に慣れた(心のケアをきちんとできる)先生のいる家庭教師センターを選ぶことが重要です。

最近は多くの家庭教師センターが『不登校児に対応』などの謳い文句を掲げていますが、実際に不登校児をきちんとケアできる先生が揃っている家庭教師センターはほとんどありません。私が登録していたセンターの中にも不登校児対応のところがありましたが、実際には普通の大学生家庭教師を派遣しているだけでした。

ですから、家庭教師センターの謳い文句を鵜呑みにせず、よく検討してから選ぶことが重要です。私が知っている中で不登校児におすすめなのは「学研の家庭教師」です。不登校の子供をサポートする専門のコース・講師陣・スタッフ体制を整えています。私の知り合いのお子さんが過去に不登校でしたが、学研の家庭教師で高校に行くことができました。

学研は長年の歴史があり、料金も月謝制で良心的なので無理なく続けられると思います。

学研の家庭教師 不登校専門コース

学研の家庭教師では、不登校のお子様をサポートする専門のコース・講師陣・スタッフ体制を整えています。学研グループの長い経験と多くの実績を生かし、不登校のお子様一人一人に勉強だけでなくメンタル面や生活面のサポート、お子様や御両親の悩み相談にも親身に答えてくれます。

また、学研の家庭教師が運営する通信制サポート校「WILL学園」と連携をとり、高校受験や高卒認定取得のバックアップもしています。これにより、レポート提出、スクーリング、単位認定試験といった負担が軽減され無理なく高校を卒業することができます。

不登校のお子様をもつご両親が一番心配なのは「このままでは高校に進学できないのでは?」ということではないでしょうか。中学までの義務教育とは違い、高校進学は自分で受験して試験に受からないと入れません。学研の家庭教師では公立・私立高校の普通科受験や単位制、通信制、サポート校に至るまでお子様の状況に合わせた受験情報の提示や対策をとっています。

その結果、過去10年間で750名の不登校の中学生のうち741名が高校進学(高校進学率98.8%の実績)という目標を達成してきました。このような受験情報は専門機関に頼らないと収集が難しいので、不登校コースを利用するのは非常におすすめです。

学研の家庭教師

不登校専門の家庭教師の料金は?

家庭教師派遣会社により料金は様々ですが、目安として以下のような料金となります(月4回、1回60分の場合)。不登校児に対応できる家庭教師は少ないので、料金だけで判断せず、内容を確認することが重要です。

・個人契約の家庭教師:15,000~30,000円
・家庭教師派遣センター:20,000~40,000円

上記で紹介した学研の不登校コースは月4コマ(各60分)で18,800円に設定されています。

不登校の生徒が高校を卒業するには

全国の不登校児童は平成13年をピークに全体の約3%で推移しています。学年や各地域によって異なりますが、20年前の調査結果に比べて約2倍の推移となっています。

このような社会情勢もあり、近年は不登校の生徒でも在宅のまま学習をして単位が取得できる高等学校が増えてきています。中学時代にずっと不登校だった子供を無理やり普通高校に行かせても結局中退してしまうということも多いので、そのような不安がある場合は
不登校の子供でも無理なく高校卒業資格を得られるタイプの学校を選ぶのも選択肢だと思います。

通信制高校の資料一括請求(無料)

現在私の生徒で東京の通信制高校に通っている女の子がいます。以下の記事に詳細を書いてありますのでご参考にしてください。

参考 通信制高校に通っている生徒の話

この生徒は、2017年3月に無事に高校を卒業することになり、4月からは都内の私立大学への入学が決まっています(サポート校での学校推薦で合格しました)。

スポンサーリンク

 

おすすめの家庭教師

学研の家庭教師(小・中・高校生/全国対象)
長年の経験と実績のある『学研式』指導で料金もお手頃です。定期テスト対策などしっかりしてくれます。私も以前教えていた安心の会社です!

中学受験家庭教師ドクター(東京、神奈川、千葉、埼玉が対象)
元SAPIX/日能研/四谷大塚出身の中学受験専門のプロ講師がオーダーメイドカリキュラムできめ細かく指導することで有名!難関中学を目指すお子さんにおすすめ!

プロフィール

 

★運営者プロフィール
大手進学塾などを経て、プロ家庭教師として教えています。現在はオンライン家庭教師の生徒(中学生対象)を募集中です。家庭教師のご依頼はコチラ

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です